ニュース&コラム news&column

脱毛サロンの選び方
全身脱毛には自己処理が必要!?

【全身脱毛前にやらなければいけない自己処理とは?】

効果をスムーズに出すため、肌トラブルを防ぐために脱毛前には全身の自己処理が必要です。
全身の毛を電気シェーバーやカミソリで剃ってから来店しましょう。
カミソリだとお肌の表面を削ってしまい、肌負担が大きくなってしまうので出来れば電気シェーバーで剃るのがおすすめです😀

【全身脱毛前の自己処理タイミングは?】

直前に自己処理をすると、お肌に傷がつくため、出来れば脱毛3日前に自己処理が理想です。
毛の生えるスピードが速い場合には、前日に自己処理をしましょう。

【毛抜き、除毛クリーム、ワックスでの自己処理はNG?】

毛抜き、除毛クリーム、ワックスで自己処理をすると脱毛の効果が出なくなってしまいます。また、お肌への負担がとても大きくお肌トラブルも起きやすくなってしまいますので、毛抜き、除毛クリーム、ワックスは使わないようにしましょう。

【全身脱毛前に自己処理してないとどうなる?】

自己処理をしない状態では火傷のリスクがあるため照射することができません。
また、未処理の状態や、剃り残しがあると脱毛サロンで断られる可能性があります。
サロンによっては、自己処理をしていないと避けて当てたり、スタッフがシェービングをする場合には有料だったりします。
避けて当てていくと仕上がりがまだらになってしまいますし、お金がかかるのはもったいないですよね💦

【自己処理時の注意点】

■顔
顔はお体の中でも一番皮膚が薄く敏感な箇所になります。
カミソリでの自己処理ではなく、電気シェーバーで優しく剃りましょう。
自己処理後の保湿もしっかりと行ってくださいね。

■体全体(手に届くところ)
腕や足は、毛流れに逆らうように逆剃りをしながら剃っていきましょう。
細かく剃るよりも1列1列剃っていくと、剃り残しがなくきれいに剃れます。

■目視できない、手が届かないところ
背中やヒップなど手の届かないところに関しては無理やりやると傷ついてしまう可能性があります。
ご家族や友人に他の田剃ってもらうのがおすすめです。
リラクスでは、手の届かない箇所はスタッフが遅り致しますのでご安心くださいね✨

■vio
VIOは毛質がしっかりしている所になるので、いきなり逆剃りをしてしまうと痛みが生じる可能性があります。
まずはハサミで毛の長さを短くカットしてから、逆剃りをしていきましょう。
敏感肌の方や痛みがある場合はシェービングフォームを付けるときれいに剃れます。
また、IOラインに関しては足を立てて、前に鏡を置きながら自己処理をしていきましょう。

【自己処理後のケアや注意点は?】

■するべきこと
自己処理後は、少なからずお肌に負担になってしまうので、自己処理後は化粧水とクリームで保湿をしっかりと行いましょう。

炎症などの肌トラブルが起きてしまったら
もし自己処理で肌トラブルが起きてしまったら、まずは濡れタオルなどで冷やしましょう。
かゆみが出る場合もありますが、無理に掻いたりしないように気を付けましょう。
もし肌あればひどい場合には皮膚科に行き薬をもらうのがおすすめです。

運動や入浴はしても大丈夫?
自己処理後は運動入浴をしても問題ありません。
ただ、血流が良くなるため赤みやかゆみといった症状が出る場合があります。

【まとめ】

脱毛前の自己処理をするしないで効果の出やすさも変わっていきます。
脱毛の回数を重ねることで自己処理もどんどん楽になるので、楽しみにしていてくださいね!!
リラクスでは、自己処理の仕方が分からないという方に自己処理の方法もレクチャーしていますのでご安心くださいませ。

2019年 医師が選ぶ脱毛サロン No.1※日本マーケティングリサーチ機構調べ